労務問題に直面して焦った瞬間

私は過去に色々な仕事をして辛い時期を過ごしました。その時にはブラック企業にも出会って非常に危ない状況になりました。こういう労務で問題を抱える企業は社員を大事に扱わない点も挙げられます。
具体的には残業時間が多くて体力低下したことを覚えています。自分は体力が少なかったのでブラック企業は合わなかったです。また長時間に及ぶパソコンの使用で頭痛や視力低下も経験しました。
ブラック企業の危険な部分は残業代が出ない可能性があることです。私は過去に過剰な労働をしてその報酬が殆どなかったです。そして会社側に抗議したら上手く言い訳をされました。
ブラック企業は幾つもの言い訳を用意しているので注意すべきです。そして上手く社員を納得させる理由を持っています。私はそういう相手からブラック企業の恐ろしさを学びました。
労務問題に遭遇したら私のように焦ることが殆どです。そして社員は行動を制限されている部分があります。重要なのはブラック企業を避けて就職や転職をすることでした。