労働時間が長すぎて体調を崩しました。

私は以前、いわゆるブラック企業に勤めていました。朝9時までに出勤し、退社時間は夜の11時~12時頃でした。都心なので終電は遅くまであったのですが、それでも電車を逃してタクシーで帰宅したことも何度かあります。会社の役員は「早く退社するように」といっていましたが、それは口先だけにすぎません。早く家に帰りたくても仕事が多すぎて家に帰れないのです。私が仕事が遅いのではなく、同じ部署の人もみんな終電近くまで働いていました。
たまに仕事が早く片付きいつもより早めに帰ろうとすると、大抵上司に飲みに誘われてしまいます。結局終電帰りになってしまうので、ゆっくり自分の時間をつくることが出来ません。
土曜日は強制ではありませんが、暗黙の了解で同じ部署の同僚はほぼ全員出勤していました。さすがに日曜は休みでしたが、それでも取引先の人に呼び出されればいかなければなりません。
私の場合は労働時間が長すぎて体調を崩しがちになってしまい、3年務めましたが仕事を辞めてしまいました。もっと早く労務窓口に相談すればよかったです。うつ病になる前に辞められてよかったと思っています。