カテゴリーアーカイブ 未分類

国内で外国人との会話のチャンスを得る方法

国内で外国人と会話をして、英語を学びたいという方は多いのではないでしょうか。国内で外国人と英会話が出来る場所として、英会話カフェなどがあります。英会話カフェは、いつでも参加が自由となっている、交流の場となっています。色んな方と英会話をしたいという場合には、うってつけの場所になっています。いつでも訪れることが出来て、気軽に会話が出来ますので、英会話をしながら英語を習得したいという方におすすめの場となっています。

また、外国人と会話をしたいという場合には、外国人との交流パーティーなどに参加をするという方法があります。こういった場は週末などに開催されており、外国人と友達になったり、仲間を増やしたいという場合には、最適となっています。

これらは、全て気軽に参加できますし、費用などもそれほど高くはありませんので、英会話スクールなどよりも費用面などの負担が少ないという点でメリットがあります。英会話をしたいという方にはとてもおすすめです。

子供の英語教育はまずは楽しむことから

子供の英語教育は…と、偉そうに語ることができるほどに、私の英語力が素晴らしいわけではないのですが。ただ、英語の単語数だけは増やしていこうかなーとは思っています。自分たちとは文化が違う外国人と、コミュニケーションをとること、自分が学んでいる言語が相手に通じることの楽しさを感じてもらえればいいなーと思っています。

海外の国を旅してみても、やっぱりどこの国でも英語がまず第一のコミュニケーション言語になっていると感じます。ですからこそ、第二外国語はまずは「英語」でと思っています。それで自分の子供は、幼稚園に入園した頃から、外国人と英語のレッスンができる教室に通っています。

とにかく今は英会話で聞くこと、通じること、わかることが楽しいと思ってもらえれば万々歳だと思っていますので、まずは英語に親しむことを優先させています。そして小学校に入学したら、欲を言えばもっと単語数を増やしていってくれればーと思っているわけです。

男性用エステができてきた今通訳の必要性



PR| 身長を伸ばすサプリと評判のドクターセノビル | 高校受験のブログ| 姫路市で実績多数の離婚に強い弁護士 |

エステというと女性が行くところというイメージですが、東京の美容専門学校の学生時代に地下鉄の広告にあった男性用のエステサロンのことを覚えています。本格的なエステにいきなり行くのがハードルが高い、と感じる方はカラーセラピーなどは入りやすいかもしれません。私は男性がエステに行くことに特に大きな抵抗はなく、むしろ行って欲しいくらいに思っています。女性は自ら顔や身体のメンテナンスを美容という意識でキレイに保つことが好きですが、男性も同じくらい清潔でいた方がこちらとしても気持ちが良いなと思うからです。

韓国は美容先進国だと聞いていますし、男性もメイクをすると聞いたことがあります。芸能人だってテレビに出る時には「どうらん」を塗っているのですから、男性がメイクをするのも私は抵抗ありません。肌がキレイだとやっぱり清潔感があって好感が持てますからね。 また、不公平だと思う気持ちも正直あります。女性は身体中の体毛がない方がキレイとされますが、やっぱり生えてくるので毎日の処理が大変です。

でも、男性は生えていてもおかしくないと思われますし、ヒゲが生えてきたってそういうものだと皆がわかっています。毛深い女性にヒゲが生えてきたら皆そうとは思いませんよね。性によって男らしさ女らしさがあるのはわかりますが、女性に毛が生えていたらどうしてダメなのでしょう。こういう思いから、男性に毛のなさを求めても良いように思うのです。 本人にエステに行く気がないならそれはそれで良いのですが、もし気にしている人がいるのであれば是非気にしないで行って欲しいなと思います。

男性だからエステに行かないというのではなく、男性用エステができてきたのですから行っても何もおかしくない時代になっています。応急処置的な市販のクリーム等ではニキビがキレイにならなかったり、体毛が薄くならなかったりするのでエステに通う意味は大いにあるでしょう。身体がキレイになれば自分に自信がつくと思うので、自分磨きの一環として休みの日にリラックスしに行くのも良いかなと思います。それで周りからキレイだと言われればさらに嬉しいものです。

自分磨きをしていない=自分に自信がない人は英会話などの自分磨きも怠りがちです。英会話ができない人は海外からの旅行客がいてもなるべく話さないように何となく距離をとってしまいがちです。外国からの観光客から話しかけられても困らないようにするためにはちょっとした英単語を知っておくといいです。道端にいますとそれなりに困っている人がいると話しかけたりするのですが、お昼休みになるとよく外国人に話かけます。

困ってる人がいたら話しかけるようにしているのですが、会社の近くにたくさんの外国人がくるような観光地があるので、割と外国人を見かけます。そして、道に迷っている人がいるので通訳ということになったりしています。翻訳通訳というのはプロの人はそれこそいちいち表現に気を付けるのでしょうがあくまで私的にやっていることですから適当です。 しかしそれでも意外と話は通じるようであり、何度も道案内ができるようになりました。そもそもそんなに難しい行為でもないです。ビジネス的なことをやってるわけでもありませんし、細かい表現まで相手がいちいち突っ込んでくることもありませんから、それなりに上手く行っています。コツとしてあるのは相手に伝えようとする意思があるかどうかということでしょう。

ぎこちない外国語であろうとも相手は困っているわけですからこっちのことを真剣に聞いてくれますし、こっちも相手のことをしっかりと聞けば問題はないです。
しゃべれないからと言ってそっけない態度を取ってしまうと日本に対する悪い印象を外国人に与えてしまいます。私は以前は外国人に話しかけられてもすぐにその場から立ち去っていました。しかし、困っている外国人を助けてあげれなかったことに後ろめたさを感じてしまったので簡単な通訳ができるようになりたいと感じました。慣れない日本で道に迷っている外国人はとても不安になっています。

しかも日本人に話しかけても誰もまともに会話をしてくれないと二度と日本に行かないと思ってしまうリスクがあります。言葉が理由で外国人に不快な思いをさせないために通訳ができるようになることは大切です。私は英単語と熟語の本を買って道案内ができるレベルの英語力を身につけました。